これが恋なワケがないのあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「これが恋なワケがない」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

後輩に恋人を奪われた飯田薫・・・現在、合コンに向かう途中。友人に無理に誘われたのでムスッとした様子。

合コンでもやはり面白くない薫。そこにいたのが柳弓弦だった。彼は薫を一目見るなり大声で自己紹介を始めた。女性陣は完全に引いている。

しかし、弓弦の興奮は冷めやらない様子。薫はまったく無視している。もちろん、合コンにも興味はない。そして、ふと後輩のことが脳裏をよぎる・・・

「帰る」と突然切り出して席を立つ薫。すると「飯田くん!」と後を追ってくる人物がいた。弓弦だ。

「ごめん、俺、何か怒らせたよね・・・?」
「別に・・・おまえのせいじゃないし」
「あ・・・じゃあ連絡先教えて」
「なあ、おまえゲイなの?」
「え、あ・・・違うと、思う」
「じぁあ、何?」
「飯田君にはその・・・一目ぼれで・・・」

実は半年前、弓弦は薫に出会っていたと言うのだ。街ですれ違ったときに肩が当たり、謝ろうとした弓弦に薫は

「ちっ、クソが・・・」

とゴミを見るような目で言い放ったのだ。その瞬間、雷に打たれたような感覚になり、自分がドエムであることを自覚したのだと言う・・・

その日以来「ああ、この人のゴミになりたい・・・」という願望が芽生え、ずっと陰から薫を見ていたのだと言う・・・

これが恋なワケがないのネタバレ感想

考えてみるとドエムってメンタル的にめっちゃタフですよね。やられてもやられても快感に感じちゃうわけですから・・・さあ、これから薫と弓弦の関係はどうなっていくのでしょう?続きは以下リンクからどうぞ!

サイト内で「これが恋なワケがない」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

苛めて愛して罵ってのあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「苛めて愛して罵って」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

社内の自販機の前で疲れた表情の渡井。そこに佐久間が声をかける。

「なんだよそのひでーツラ」
「ちょっとトラブルであんまり寝てなくて・・・」
「お前顔で頑張ってるようなもんだし商売道具は大事にしろよ」
「佐久間こそまた取引先増やしたんだって?」
「いやいや俺なんて渡井の足元にも及ばねーよ。是非一度、ご教示願いたいね。お前の得意技、ジジイの靴の舐め方ってやつ」
「おい、なんだそれ!」
「なーんて、俺がやっても意味ねーか。じゃーな渡井」

くそ・・・佐久間め。耳打ちは反則だろ!鼓動が止まらない渡井。そう、彼は佐久間に蔑まれることで心底喜びを感じてしまうドM野郎なのだった。

「は〜、佐久間の罵声サイコー。もっと罵られたい」

突然、背後に佐久間が現れる。

「え、佐久間!?今の聞いて・・・」
「渡井・・・おまえまさか俺の事好きなのか?」
「な・・・なんで俺がお前なんか・・・」
「ふーん・・・」

じりじりと近づいてくる佐久間。

「渡井、おまえ・・・」

苛めて愛して罵ってのネタバレ感想

なんでしょうねー、このお互いの駆け引き。罵られたい渡井にいじめたい佐久間のお互いの欲求が、次第に同調してくる快感とでも言うのでしょうか?

この後、二人の関係はどんどん激しくなっていくのですが、続きは以下のリンクからどうぞ!

サイト内で「苛めて愛して罵って」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

監禁嬢のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「監禁嬢」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

手足を縛られ拘束台の上で意識を取り戻す岩野ヒロ。目を何者のか手でふさがれている。

「だーれだ?」

手の隙間から見えたのは、正面の鏡に映る拘束台でパンツ一丁の姿で縛られる自分の姿と見知らぬ少女…まったく状況が読めないヒロ。

「わかりませんか?残念だなぁ・・・まあ、いいです。これからあなたにいくつか問題を出します。まず1問目!」

「わ、わけがわかりません・・・なんですか、ここどこですか?あなた誰ですか?俺が一体何したって・・・」

「ごめんなさい問題の順番を間違えました。だーれだ?」

少女は赤ちゃんを抱っこする女性の写真を見せる。その瞬間、ヒロは激しく反応した。

「2人に何しやがった・・・答えろよ!」

「はは、何もしてないですよ。私が用があるのはあなただけですから・・・でもその反応、正解です。あなたの奥さんの岩野美沙子さんに娘の日輪子ちゃんです。」

ヒロは左鎖骨辺りに痛みを感じる。そして、ここに連れてこられるまでの記憶が蘇ってきた。そうだ、あのとき帰宅すると美沙子にラインで頼まれていたオムツを買いに出かけたのだ。

ふと道端に女子高生らしき子が倒れている。とっさに駆け寄るヒロ。首には鈴が付けられている。声をかけても返事がない。救急車を呼ぼうとしたその時…

背後からキーで左鎖骨を刺され、続けざまに首にスタンガンをあてられたのだ!

少女はいたずらに問題を続けている。

「何なんだ、この女は!?あれからどれぐらい経った・・・?家からどれくらい離れたんだ・・・?見たところ廃屋・・・物置小屋か?口が塞がれていない・・・叫ばれてもいいってことだ・・・!」

「それでは2問目。だーれだ?」

「お・・・おれの学校の生徒だ」

「ん〜さんかく!あなたの担任してるクラスの生徒・・・藤森茉希ちゃんです。この娘、今傷ついていると思いますよぉ。」

「・・・言っとくけどそれじゃ脅しにならねーぞ。俺はその子に告られたけど、何もしてない・・・できるだけの要求はのむ・・・だから頼むから帰らせてくれ!美沙子はすぐパニクんだよ!」

「いつからそんなにつまんない男になっちゃったんだ・・・もういいです。それじゃあ、いよいよ本題。私が誰なのか?私の目的は?難しそうなんでヒントをあげます・・・」

少女はぺろりと自分の指をなめると、おもむろにヒロの股間をこすり出した。

「これでも、思い出せませんか?」

そして、口にくわえ・・・挿入した。

「おい!やめろっ!!」

「これでも?」

ヒロは意地でも正気を保たせて、少女の顔に唾を吐き捨てた。しかし、少女の表情は予想に反して快楽を感じているように見える。

「わたしのことは”カコ”と呼んでください。心配しなくても大丈夫・・・あなたの記憶の中に私はいます・・・あなたが私を思い出せないのは、あなたがあなたを忘れたからです・・・」

「早く会いたいなぁ・・・あの頃のあなたに」

監禁嬢のネタバレ感想

少女の不気味さの中にある無垢なエロティシズム・・・何ともいない感情が沸き起こってくるんですよね。

そして気になるのは「あの頃のあなたに」って言葉。ヒロは何かの記憶を失っているのか?以前には違った自分の姿を持っていたのか?・・・この先の展開に注目です。

サイト内で「監禁嬢」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

蟲姫のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「蟲姫」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

水面に浮かぶ一そうの船。その周辺には無数の死体が浮かんでいる。

「またここに来てしまった」

そこへ一人の少女が流れてくる。そして、不気味な笑みを浮かべて、とげのようなものが生えた口を大きく開けて襲ってきた。

「うわああああああー!」

授業中にうなされる高砂稜一。必死に揺り起こそうとする知美だったが、先生に怒鳴られてしまう稜一だった。

登下校。稜一は知美、山下、奈緒と歩いている。知美の家で課題をやろうと話が進んでいる。

稜一は、もう10日間以上見続けている悪夢のことをぼんやり考えている。ふと風景を見渡すと、いつもとどこか違うことに気が付く…何だろう?

知美の家に着くと、愛犬の小太郎が悶えている。知美が見ると脚や顔には蟻がたかっている。「いた!」と知美も蟻に噛まれる。

稜一は機転を利かせて、ホースで水をかけ蟻を弾き飛ばした。そんな稜一の姿に見とれる知美。そして、再び町の違和感に気付く稜一。

「いつも、こんなに静かだっけ…?」

排水溝ですずめが蟻にたかられてひっそりと死んでいる。

学校。「虫たちが猛っている」とつぶやく少女。「何してる?職員室はこっちだぞ?」と先生の言葉を無視してさらに続ける。

「静かですね…鳥の声ひとつしない…」

「ああ、そういえば…ってそんなことはいいから、早く職員室に行くぞ。いろいろ手続きがあるんだから」

「先生知ってます?」

「あ?(変な奴だな)」

「この地球を支配しているのは人間じゃなくて虫たちなんです。人間は今だけちょっと間借りしているのよ…」

「あのなぁ、わけわかんねぇこと言ってないで早く職員室に来…」

と少女の手を引っ張った瞬間、ちくっと痛みを感じる先生。掌に針で刺したような傷ができている。少女の顔を見ながら「お、おい、どうしたんだよ…」とつぶやく先生。

混雑している動物病院。稜一たちは、蟻にやられたのが自分たちだけではないことを知る。仕方なく外で待っていると、そこへ先ほどの少女が通りかかった。

「似ている!」
反射的に立ち上がる稜一。
「夢の女に似ている」

山下たちは少女の容姿に見とれている。

職員室。先ほど少女に刺された傷がされていることに気が付く先生…いったい少女は何者なのか?稜一の夢との関係は!?

蟲姫のネタバレ感想

蟲姫は3巻完結のストーリです。私の想像では、あの少女は虫の女王的な存在なのかな〜って思っていたんですよね。

でも、そうじゃない。なかなか人間臭いお話で。ぐいぐい話の中に引き込まれて行く感じでした。

サイト内で「蟲姫」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜のあらすじと結末のネタバレ感想


↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ
サイト内で「美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜」と検索

昭和20年、太平洋戦争末期。当時は日本領であった樺太(からふと)で生まれ育った市村ハナ。彼女は醜い容姿のため女学校でいじめを受けていた。

大会社の令嬢である高島津絢子を主犯格として、ミミズ入りのお弁当を与えられたり、泥棒に仕立て上げられたり・・・陰湿ないじめを受け、とうとうハナは退学にまで追い込まれてしまう。

修正んと同時にソ連軍による空襲が開始。樺太を追われ北海道へと逃れる船でも、高島津絢子らによる嫌がらせによって追い出されてしまう。

後日、別の船にようやく乗船できたハナ一家。しかし、ソ連軍の攻撃を受けて、母と弟を亡くしてしまう。悲しみのどん底の中、ハナはいじめていた人たちへの復讐を誓うのだった。

美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜のネタバレ感想

やっぱり、いじめをしていた人たちがハナからの復讐を受ける様は「ざまあみろ!」と言った快感がありますね。

何だかんだ言っても、見た目で人の対応が変わるのは確かですよね。だって、相手が福山雅治だったら…態度変わりますよね?

だからって、見た目をネタにしていじめるとか行動に移してしまう人もどうかしてますけどね。そんなハナの復讐劇、見届けてやってください。

こちらで無料の試し読みができますよ
サイト内で「美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜」と検索

当サイトへようこそ!
通販情報に目がない管理人のお得なお買い物ブログです。
更新情報
Copyright (C) 得する通販. All Rights Reserved.